きめられたプログラムの中で、進んでいくわが公立の母校。受験のための学力向上の場所としては役不足なのでは・・

受験勉強は楽しくしよう
受験勉強は楽しくしよう

受験にあたって、学力を高めるはじめの一歩とは

浪人して気づいたことはたくさんありました。受験に必要な学力とは、学校にてみにつくものではない。予備校、塾にて身に付くものなんだということです。
僕は、公立の高校に進学しました。3年生になり、中学生のときは優秀だった僕が、学力では置いてきぼりになっていました。こんな僕でも、勉強をさぼった記憶というものがありませんでした。
しかし、成績は下がる一方。これほど理不尽なことはありません。なにがほかの人と違ったのか、どこで差がついてしまったのか。答えは、浪人時代に通った、予備校のなかにすべて詰まっていました。

その予備校では、目指すレベルごとに教室が分かれていました。これを、学校に導入すれば非難される対象になってしまうかもしれません。
しかし、これは、学力向上にあたってのきわめて重要なことなのです。
つまり、「なにがわかってなかったか?」を最初に教えてもらうわけです。
どんなに高度な問題も基礎がわかってなければ解けるはずがありません。なにがわかってないかをわかっていない状態で勉強をどれだけしても、身につくわけがなかったのです。
高校の授業は、「この子が、何がわかっていないか?」を探りながら授業を進めてはいきません。よって、授業についていけなくなった時点で、それ以降の授業は全く意味のないものになってしまうのです。
自分がわかってないところの授業を選択でき、基礎、応用を選べる・・その授業形態こそ僕の学力をあげるための第一歩だったのです。
ほかにも予備校から学べるものはたくさんありましたが、公立の学校もすこしは予備校を見習ってほしいものです。