受験をしようとするときに、学力の伸び悩みがありますが、どのようにして学力をのばすべきでしょうか。

受験勉強は楽しくしよう
受験勉強は楽しくしよう

受験の学力をどのようにつけるか。

受験をしようとすると、まず自分の今の力を知る必要があります。
そこで、過去の問題を解いてみるのですが、それを早くからする人は少なく、ほとんどの場合が受験に近づいてきてから、一度してみようというぐらいで、問題にあたります。
そうすると、まったく出来なかったり、難易度を知って、自信を無くしてしまったりしますが、それはやり方が間違っています。
受験を考える場合は、まずは、基本としては、教科書を徹底的にマスターすることですが、その基本となるところを繰り返し学習しているかどうかが、後に大きな成果になってきます。
そして、基本問題なら自力で解けるということになれば、次には、問題慣れをするために、問題集を仕上げていくことです。

ここで、するべきでないのは、たくさんの問題集をすることは、いろいろな問題に触れることで大切なことですが、一冊の問題集をやり通すことなく、途中でやめてしまうと、どれをしても効果が上がりません。学力をつけるには、最初から最後まで問題集をやり通して、さらに数冊の問題集を仕上げることにあります。
そうすると、全範囲の同じような問題を目にすることが出来て、一度目よりも、二度目、その問題内容に何度か見たことがあることに気づくようになると、もう頭に入っていることになり学力が向上してきます。
そして、そういう問題慣れ、受験問題に慣れていくことがとても大切で、受験は問題をいかに繰り返して,解いてきたかによって、学力差が出やすいものです。